全身のアンチエイジングが、肌を若々しく保つ
 

       


体全体をアンチエイジングし、若い肌を保とう!

顔単独のアンチエイジングももちろん大切ですが、体全体が若々しく健康になると、顔の肌も若々しさを保つ事が出来ます。

気を付けたい事は、寝不足と適度な運動です。

この2つは、細胞の新陳代謝を促進させる事が出来るので、体全体が若々しくなります。

更に、ストレスや紫外線、喫煙は、活性酸素を大量に発生させてしまいます。

活性酸素は、体や肌を急激に衰えさせてしまう、とても恐ろしい成分です。

活性酸素を増やさない事は、健康体で居続ける事が出来る証拠となります。

アンチエイジングの為には、惜しみない保湿

エイジングになると、肌乾燥が激しくなっていき、エイジングをどんどん進化させてしまいます。

肌が乾燥する事は、あらゆる老化の原因となってしまいます。

シワやたるみ、毛穴の開き等に大きな影響を与えてしまいます。

常に十分な惜しみない保湿をし、しっかりと肌を保護しましょう。ほうれい線 化粧品でも十分保湿可能です。

特に、目元や口元は、皮膚がとても薄いので、乾燥の影響を受けやすい場所でもあります。

これらの場所にエイジングが起きると、一気に老け顔に...

他の顔のパーツよりも、年一に保湿対策をするように心がけましょう。

肌の保湿は、肌の内側から

年齢を増してくると、血行がどんどん悪くなっていきます。

その為に、新陳代謝が衰えるので、細胞に栄養が行き渡りづらくなってしまいます。

コラーゲンやヒアルロン酸を作る量も激減し、あらゆる肌トラブルに繋げてしまいます。

年齢肌は、肌の奥底の水分から無くなり、まるで枯れた様な肌になってしまいます。

この場合、表面からいくら水分を与えても、中まで浸透せずに蒸発してしまいます。

肌の奥の土台から、しっかりと保湿させて保湿力を上げましょう。

肌の奥底から保湿力を上げる為には、セラミドを肌に与えてあげましょう。

セラミド配合のスキンケアを使用し、肌の奥からうるおう事が出来る肌に作り上げましょう。

女性ホルモンを活発にし、体も肌も綺麗に

年齢を増すと、女性ホルモンが激減していきます。

女性ホルモンのバランスは女性にとても大事で、女性ホルモンが減少すると、バランスが取れなくなってしまいます。

あらゆる方面に影響が出てしまい、代表的なのが更年期障害です。

更年期障害は誰にでも起きますが、問題なのは軽いのか重度なのかの差です。

軽くする為には、女性ホルモンを活発にさせる事です。

失った女性ホルモンを増やす事は難しいので、似たような成分で補ってあげると良いでしょう。

女性ホルモンと似たような働きをしてくれるのが、イソフラボンです。

イソフラボンが豊富に入っている、大豆製品を積極的に摂取するようにしましょう。

また、肌に対してはイソフラボン入りのスキンケアを使ってあげると良いでしょう。

内側と外側からのWの摂取で、女性バランスの崩れない安定した体をキープしましょう。

体にも肌にも、とても役立ってくれます。

HOMEに戻る